肝脂肪に気を付けて生活しよう

肝脂肪になってしまうと、倦怠感に襲われるようになります。毎日だるさを感じることで、イキイキと過ごすことができなくなってしまうでしょう。

健康的な生活を目指すなら、食事に気を付けて過ごすようにしましょう。

肝脂肪は、その名の通り肝臓に脂肪が溜まっている状態です。肝臓にはエネルギーとして使われたなかった脂肪を貯めておく機能があるのです。糖分も脂肪に変えて貯蓄します。

脂肪の多い食事を摂っていると起こりやすくなってきます。毎日カロリーを気にすることなく、カツ丼や天ぷらなど油っこいものを多く摂取している人は、その食生活を改めないといけません。

倦怠感に悩まされることなく過ごすためにも、バランスの良い食事を摂取してみましょう。

また、アルコールが好きな人も肝脂肪に陥りやすいです。アルコールは、肝臓に負担をかけるだけではなく血管の病気も誘発するなど、深刻な病の元になります。毎日接待や同僚との飲み会などにより、無理にお酒を飲む機会が多い人は、休肝日を設けるなど肝臓をいたわる生活に切り替えてみるとよいです。

毎日の食事により、肝臓の状態も大きく変わります。体のためにも、生活に気をつけましょう。

 

肝機能の改善はダイエットで

肝臓は沈黙の臓器といわれます。深刻な病状になるまで自覚症状がないからです。その肝臓が何らかの異常によって障害を受け正常に機能しなくなるのが肝機能障害です。

健康診断などではぜひGPT、GOT、γ-GTPといった肝機能の数値を調べてみて下さい。障害があるかどうかがわかります。

肝機能障害が進行するとどうなるか、全身倦怠感、食欲不振、黄疸などの症状が現れます。放置すると肝炎、肝硬変、肝臓がんなどに進行する恐れがあります。

肝臓には脂肪を代謝する酵素を出す機能があり、また使わない脂肪を貯めておくこともできます。そのため肝臓に中性脂肪やコレステロールがたまりやすいのです。これが脂肪肝です。脂肪肝は動脈硬化を始めとするさまざまな生活習慣病を引き起こす恐れがあります。

脂肪肝である場合には肥満である場合も多いです。肥満であると動悸や息切れを起こしやすくなります。標準体重にするにはダイエットが必要になります。適切なエネルギー量の脂肪分を控えた食事をとるようにしましょう。

また適度な運動も代謝をあげてダイエットに効果があります。並行して脂肪肝サプリメント・ランキングでサプリを活用すると脂肪肝改善の助けになります。