買い物はいつもクレジットカード、という人が気を付けなくてはならないシステムメンテナンス

クレジットカード業界の中でもセゾンカード、ショッピングパークカード、エキスプレスカードはショッピングに強いカードと言えます。食料品から衣料品、バッグやアクセサリーなどの装飾品や日用品に至るまで支払いは現金ではなくカード払いで済ませたい人にピッタリのカードです。

しかしショッピングにぴったりとっても、ショッピングをする場所によっても使い勝手や還元率が異なってくるのがクレジットカードの世界です。自分がよく行き、よく買い物をするお店に強いクレジットカードを持ち、使用することが賢いクレジットカードの使い方になります。クレジットカードといえば、どの会社でも時折システムメンテナンスが行われクレジットカードの利用が一時的に停止することがあります。

クレジットカードは一枚持っていれば十分かもしれませんが、いつもクレジットカード払いとカード一枚しか持ち歩かない生活をしているといざショッピング中にカードの使用ができないなんてこともあり得ますので気を付けましょう。

 

外国人留学生向けクレジットカードについて

近年ではクレジットカードが多様化し様々なクレジットカードが発行されるようになりました。そのなかでも、特に種類が多様化したのは学生向けクレジットカードの種類です。以下、この点について説明します。まず、以前では学生向けクレジットカードは高額所得者のご子息のみが利用することができるものであり、学生向けクレジットカードと言う名称とは裏腹に、一般的な学生は利用することができませんでした。

もっとも、その後学生を対象とするクレジットカードが増加し、一般学生向けのクレジットカードも誕生しました。これは、使用出来る金額を一般的なクレジットカードに比べて低く設定することによって所得金額の低い学生に対して与信ができるようにしたものです。

学生向けクレジットカードも、日本国民のみを対象としているものがほとんどであり、外国人留学生向けクレジットカードについてはほとんどありませんでした。もっとも、外国人留学生であっても、与信を与えるのに十分な資力を有している場合には、日本国籍を有している学生と同様の与信を与えることができます。そのため、外国人留学生だけを除外するのは与信業務として合理性がありません。

このような考えのもと、外国人留学生向けクレジットカードも多く発行されています。もっとも、日本のクレジットカード会社は海外の銀行口座に対して請求することが困難であることから、指定口座は日本の銀行にすることが望ましいです。

外国人・留学生向けクレジットカードと審査では、一般的に本人確認書類、この場合、運転免許証だけでOKな会社や在留カードや永住権取得が必須などとクレジットカード会社によって提出する書類が異なるようです。

 

誰も語らない外国人でも作れるクレジットカード

私にとって買い物をする上で必要不可欠なものはクレジットカードです。これがあるとないとでは買い物の仕方や生活の基準が全て変わってしまうからです。クレジットカードでお買い物をしても、支払いは翌月になりますしボーナス一括払いを使えばそれ以上に支払いの猶予がもらえます。これは私たち消費者にとっては非常に有難いシステムだと思いますし、便利です。カードは誰でも持つ事が出来ますので、それは外国人であっても同じ条件です。日本人であっても安定した収入がない場合や無職でなければ発行が難しいのです。

ですから誰も語らないですが、たとえ外国人であっても仕事をしていて安定した収入があればカードを作ることができるのです。私の主人は外国人ですがやはりクレジットカードを持っています。それに自営業ですので、一般的なサラリーマンよりも審査は厳しくなる場合が多いようですが、きちんと基準を満たしていたので簡単に発行してもらうことが出来たのです。

カードを一度使い始めるとあまりの便利さからずっと使い続ける人が多いと言います。おまけにただ便利だから使うというのではなく、カードで支払うことで様々なメリットがあるのです。誰も語らないのは一番にポイントが付くことが言えます。カードで支払いをすると金額に合わせてポイントを貯めていくことが出来るので非常にお勧めです。